rakuhack

楽に生きるためのライフハックや生活改善情報のマガジン

会社を辞めないメリットなんてないかも

f:id:nyankunsan:20211006003525p:plain

 

会社を辞めたいと思ってないですか?

調べたところ、

「働くことが嫌い」という人が3割で、

「会社を辞めたいと思ったことがある人」は9割近くいるそうです。

 

ちゃんとみんな辞めたいんですね(にっこり) 

 

私もFIRE!して会社辞めたい一人なのですが、 

そもそもなぜやめたいのかというと、人生を奪われている気がするからなのです。

会社員として週5日働いていると、単純に自分のために使う時間がないですよね。

 

連泊で旅行したいし、少しの間だけ住んだことのない土地に住んでみたり、いっそ移住したり。

好きな時間に好きなことをしたいです。

 

この生活を60歳まで続けるのか?と思うと一度きりの人生、思い切ったことをしてみたいものです。

お金に不安があれば60歳になって定年を迎えたとしても、そのままシニア社員として働き続けないといけないかもしれません。

 

会社員として過ごすのであれば、得られる収入も知れているので、老後のために副業や投資で資産を作っておきなさいとも言われていますよね。

(つみたてNISAやiDeCoのような制度です)


老後の安心はそれまでにどれだけの資産を築けるかにかかっているところがあります。

投資や副業、起業などで給与収入に頼らない収入のパイプラインを持っておくことがすごく大事な世の中です。

 

そして、会社員のうちに資産を積み上げることができればセミリタイアという選択肢が見えてきます。

(私はそれを目指しているのです!)

そもそも、会社員のメリットってどういうところなのか?もしFIREを達成し会社員をやめるときがくる前に少しまとめてみました。

 

私なりのレビューを含めてお話しさせていただきます!

 

 

会社員のメリット

  1. 社会的信用度(クレカの審査、住宅ローン)
  2. 給与収入
  3. 厚生年金や健康保険(会社が一部を負担)
  4. 将来もらえる年金が多い
  5. 確定申告をしなくてよい
  6. 仕事がある程度決まっているので楽

では、一つずつ見ていきたいと思います。

社会的信用度(クレカの審査、住宅ローン)

会社員のうちにクレカを作っておけはよく言われますよね。

ただ、このご時世では

  • キャッシュレスが浸透し、決済手段は多い
  • 誰でも作れるクレカが増えてきた
  • 審査に通りにくいクレカはそもそも高所得者向け

上記の通り、会社員でなくても問題ないような。

 

次に住宅ローンですが、これは家を購入する予定のある人は結構死活問題ですね。

ただ、FIREを目指すような人はそもそも家を買う選択肢をもってこないほうがいいかも。

住宅ローンを返済しながらだと時間がかかりすぎるので。

 

給与収入

あたり前なようですが、安定した一定の収入があることは会社員の大きなメリットです。

何も考えなくていいので。

しかし、起業や副業で収入を大きくして自分の収入をコントロールする。

そんな生き方が今脚光を浴びつつあるのも事実です。

 

厚生年金や健康保険

会社員であれば厚生年金・社会保険の支払いの半分を会社が払ってくれます。

さらに家族ができた場合に扶養者が既定の年収額を超えない場合にその扶養者の支払いが免除になります。

しかし、このメリットは会社から満足のいく収入が得られている状況のうえで成り立つのです。

給料どんどんあがらないですよね、もっと欲しいですよね。

会社としては本来払うべき給料を少なくして、厚生年金や社会保険の支払いに充てているのです。

なので、一概に会社員だからこそのメリットとはいえないと考えています。

 

将来もらえる年金が多い

会社員かそうでないかで加入する年金保険が異なります。

(年金は国が政策する保険制度の一部です)

会社員 : 厚生年金

その他 : 国民年金

 

実は将来もらえる年金の平均月額を比較すると厚生年金受給者の方が、3倍ほどももらえる額が大きいのです。

(なんだって・・)

しかし、社会保険の項で申し上げた通り、もともとの積み立てを会社が搾取しているというからくりがあります。

他に、国見年金加入者であっても、

  • iDeCoの掛け金が会社員と比べ3倍ほど
  • 国民年金基金」という追加年金制度がある(掛け金を追加設定できる)

会社員のメリット?とは言えないような気がしますね・・!

 

確定申告をしなくてよい

国が投資や副業を推奨している中、収入にかかる所得税を気にすることはもう一般的ですよね。

さらに、副業で20万超えますよね、ふるさと納税で住民税決定通知書を気にしてますよね。

昔とは税金に対する意識に大きな違いがあると思います。

会社が確定申告してくれるのは嬉しいですが、もう個人ごとにやってもいいのでは?

とも思ったりします。

 

仕事がある程度決まっているので楽

これを楽ととるかはほんとにその人、その仕事次第かと思います。

やることがほぼ決まっている仕事もあればゼロイチで何かをやりとげる仕事まで様々ですので。

仕事に対してどれだけの裁量があるか、スタートからゴールまでにどれだけの幅があるか次第ではないでしょうか。

フリーランス個人事業主だって、誰かと仕事することもありますし。

会社はピラミッド型の組織なので、上司と部下を持って仕事をするのが嫌じゃないか、というところかもしれませんね。

 

まとめ

つらつら書いていると長くなってしまいました・・。自己新の3000字overです。

結論、

・会社を辞めないメリットは思ってたよりもない!

・結局は主体性があるかどうか!

というようなざっくりとしたまとめで終わりたいと思います。

ほぼ個人の考えによるものなのでご参考までに!