rakuhack

楽に生きるためのライフハックや生活改善情報のマガジン

FIREを達成するための4%ルールとは?

f:id:nyankunsan:20211006011813p:plain

どうも、にゃんくんです。

 

4%ルールという言葉をご存知でしょうか。

FIREを達成するためによく言われますよね。

 

FIREについての説明はこちら

 

www.nyankunsan.com

 

この4%ルール、FIREにとても大切な考え方ですので、私なりの解釈を含めて解説しますので、FIREを目指す方の参考になれば幸いです。

 4%ルールとは?

FIREを達成するための4%ルールとは?

米国での研究から生まれた言葉で、

「資産を株や債券で運用していけば、資産を取り崩して生活費にあてる率を毎年4%に抑えている限り、30年以上は資産を使い果たすことがない」

というもの。

米国の株式市場の年間平均成長率、年間インフレ率などをもとに算出されています。

 

つまり、総資産から得られる年率4%の運用益で年間生活費をまかなうというものです。

 

例えば、毎月の生活費が20万円の人は年間の生活費が240万円になります。

(年金や保険も計算に入れないとだめです)

これを不労所得、つまり年間240万円の配当収入があれば資産は増えも減りもせず、FIRE達成が可能ということです。

 

逆算すると

240万円÷4%=6000万円

 

総資産6000万円を達成すれば人生クリアです。

 

もしくは副業や時短勤務などで毎月10万円の収入があれば総資産3000万円でもクリア可能ですね。

これをサイドFIRE!(かっこいい・・)といいます。

 

1億くらいは必要なイメージがあるかもしれませんが、この数字をみると3000万円ならいけるかも・・と思ったりしませんか?

週5勤務のサラリーマンを辞めて徐々にFIREへシフトする、というやり方もあります。
さらに言えば、退職金をあてにしたり、配当利回り5~6%で運用できる見込みがあればもっと早期の見切り発車FIREも可能なのです(あまりおすすめはしません!)

 

4%ルールのレビュー

ここで私なりの見解を述べたいと思います。

年率4%での運用は難易度高め

高配当の米国株、日本株を運用したとして、実は期待利回りは3~7%程度(税引き後)なのです。

※配当金からは税金を徴収されます

株価の下落リスクを考えると、ある程度時間をかけて安定した株を着実に買い増していかないといけないです。

なので、FIREは短期決戦でなく、計画的に資産を積み上げていくことが大事です。

いざという時のための余剰資金はいらない

人生に必要なお金がちょうど貯まればクリア。と言っていますが、それでも不安ですよね。

予期せぬ出費や株価の大暴落など・・。

ただ、これって働いていても一緒ですよね。

  • 日本の会社員の給料は右肩下がり
  • リストラだってされる
  • コロナ渦で職を失った人だってたくさんいる

FIREに限って不安だから余裕をもっておくというのはナンセンスだと考えます。

配当金とは別の収入は必須

安定した収入がなくなるのでリスクヘッジはした方がいいかなと。

(余剰資金はいらない、などと言いましたが・・。)

 配当金収入とは別の事業収入を持つべきだとは思います。

私の場合はブログを始めました。

あとは、今ならyoutubeなんかおすすめですね。

やってないですが(え。始めてみたいと思ってはいます。

 

まとめ

  • FIREに取り掛かる際にまずするべきことは人生にかかるお金を計算すること
  • 徐々にFIREにシフトする方法があることを意識しておくこと

あまりこの4%ルールをうのみにするのもどうかと思いますが、FIREのために大事な考え方かと思うのでご紹介させていただきました!

ご参考までに。